*

厳しい現実。待機児童問題

子供が3歳になり、そろそろ仕事しようと思い、保育所を探していました。

私が住んでいるのは、九州の田舎の方なので待機児童という問題は、都市部だけの問題だろうと思っていたのですが、実際、認可保育所を探してみると、どこもいっぱいで預け先が見つかりません。

子供を預けない事には仕事は出来ない、ですが、仕事をしていないと保育所は預かってくれない。

八方ふさがり状態です。

結局、認可外保育所へ預ける事にしました。

認可とは違い、保育料は高い。安いパート賃金は、ほぼ保育料に消え、何の為に仕事をしているのか?と思うほどでした。

ですが、今さら認可保育所へ転園と言っても、朝の別れ際、ぎゃんぎゃん泣く子供を置いて仕事に行き、保育園にもやっと慣れてきた子供。

かわいそうで転園はできませんでしたし、入所時、保育所側からも「認可園の空きを待つ為の保育はできません」と念押しされました。

所得の高い方は認可外でもやっていけるのでしょうが、私のような共働きしないと生活できないような所得世帯には厳しい現実です。

一日も早く、待機児童問題が解消される事を切に願います。

保育士求人正社員.comはこちら