*

2015年1月

ノロウイルスの恐怖。子供二人が立て続けに

ノロウイルス蔓延の仕組みや、罹患した場合の対処法や拡散させない方法などはここ数年で詳しくメデイアなどでも紹介されるようになりました。

でも気をつけていても、子供はうつりやすいんですね。

上の子が5歳くらいの時、町内の餅つき大会から帰った晩に悪夢が始まりました。

リビングでいきなり嘔吐し始め、洗面桶を持たせても自分でしっかり持っていられない状態なので、ずっと子供にかかりっきり。

その時主人はまだ帰宅していなかったので、後始末はそっちのけという状態でした。

家族はすぐさまその場から離れればいいのですが、下の子はまだ1歳。

向こうの部屋に行ってなさい、なんて言いつけを守れるわけもなく、私につきまとっていました。

嘔吐が収まるまで3時間ほどかかり、なるべく桶を持たせていたのですが、リビングは悲惨な状態でした。

その後、塩素系の消毒剤でなんとか後始末したりしていたのですが、やっぱり下の子も次の日に同じような状態に陥りました。

クレベリン 効果

思い出の家を大田区の出張カメラマンに撮影して貰いました

長く住んだ大田区の家を売ることになり、記念にと出張 撮影 大田区を呼びました。我が家は大田区の中でも古い家で、結構な歴史があります。自慢の日本庭園もあるのですが、家のメンテナンスも大変になり売ることに決まりました。

そんな大田区の家を思い出に残したいと子供たちが言うので出張撮影を呼んだ次第。自分達で撮影をとも最初は思いましたが、どうせなら良い形で残そうと出張撮影にしました。やはり素人の撮影はプロ撮影には適いませんから。腕の良い出張カメラマンを派遣して貰ったので本当に素晴らしい写真が撮れ、家族一同満足しています。

ちなみにあまりに良い写真のため子供達がカレンダーにしようと言っています。素晴らしい撮影をしてくれた出張カメラマンに感謝ですね。